エアコン(エボパレータ)清掃

※この内容はあくまで私個人の作業結果です。
※もしあなたが同じことをして何か問題が起きたとしても、私は一切関知しません。
※少しでも不安がある場合はディーラー又は整備工場にお願いして下さい。
※くれぐれも自己責任ということで。

>バモスの一覧へ  >トップページへ

・2014/06/22

このバモス、エアコンの効きが悪いです。

効きが悪いというか、そもそも風が弱くてMAXにしてもそよそよです。
さらにタバコ臭がするのでエボパレータを清掃することにします。
エボパレータは助手席の足下にあります。
まずはグローブボックスを外します。
ダクトを外すとエボパレータが見えます。
あれ?綺麗じゃん、と思ったのですが、こちらは出口側でした。
では入り口側はどうかというと...
これはなかなかすごいことになっていそうです。
アヴァのエンジンを覗いたときに使ったUSBスコープで見てみたら...
ギャー、汚れがびっしりです。
ムービー

黒い海苔状の汚れで完全に詰まっています。
汚れを吸い取ろうとこんな隙間ノズルを買ってみました。

ですが、汚れはもう完全にエボパレータに張り付いていて全然吸い込めません。
仕方なくこんなもので地道にゴシゴシしていくことにしました。
といっても全く見えないところなので、こんな風にUSBカメラと懐中電灯を取り付けました。
ノートPCの画面を見ながらゴシゴシしていきます。
エボパレータのフィンを潰さないように手加減しながらゴシゴシすると、汚れの海苔が取れていきます。
ムービー
こんな物も買ってみました。

洗剤入りの水を吹き付けてはゴシゴシを繰り返します。
これで半分くらいは綺麗になったのですが、どうしても手前側にスポンジを当てることができません。

その時ふと、外気導入側から届くんじゃ?と思いつきました。

外気導入口はカウルトップの下にあります。
カウルトップを外すとエボパレータが見えました!
長い棒の先にバーナーで炙って曲げた歯ブラシを付けてゴシゴシします。
ドレインからは真っ黒な水が出てきました。
ドレインから出ないゴミの塊は掃除機で吸い取りました。
最後にエアコン洗浄スプレーで仕上げです。
スプレーの先に噴霧器の先端をチューブで取り付けて、外気導入口からたっぷりと吹きかけました。
海苔汚れはすっかり綺麗になりました。
黒く見えるところはエボパレータ自体が変色してしまっているのでこれ以上綺麗になりません。
エアコンをかけてみると、ビュービュー風が出るようになりました。
タバコの臭いもほとんど無くなっています。半日かけて苦労した甲斐がありました。

これならこの夏も乗り切れそうです。
バモスにはエアコンフィルターの設定が無いので、このままだとまたゴミが詰まってしまいます。

花粉は無理としても大きなゴミは防ぎたいので、このレンジフードフィルターを取り付けます。
外気導入口は、フィルターをかぶせて付属の磁石で止めました。
内気循環口は、周囲にマジックテープのギザギザの方を貼ってフィルターを押しつけて固定しました。

これでも何も無いよりはだいぶマシでしょう。
あと、エアコンのダイヤルがく固くなっていたので取り外して注油しました。
ケーブルは普通のワイヤーではなく針金+樹脂チューブのような感じだったので、ワイヤインジェクターをつかってドライファストルブを吹いておきました。
ダイヤルが動くところにはシリコングリスを塗っておきました。

スルスルとまでは復活しませんでした、とりあえず普通に動くようになったのでヨシとしておきます。

>バモスの一覧へ  >トップページへ