その他いろいろ

・2008/03/02

ついにと言うか、もうと言うか、アヴァも3回目の車検になりました。
今回はほぼ10万Km走行になるので、タイミングベルト交換も一緒にお願いしました。
で、かかった費用は....

26万円ポッキリでした......(涙)
自賠責が4月から下がるので分割契約にしてもらおうとしたら、そもそも自賠責の期限切れが4月になっていたようで、丸々新しい金額で契約できました(ラッキー)。
(そう言えば新車買うときの自賠責は37ヶ月分で入ったんでした)

タイミングベルト交換は、ウォータポンプ・補機ベルトも一緒に交換で、
部品代:\45,580 工賃:\24,360 の計 \69,940 でした。

他に、ATF交換(\12,600)、ブレーキフルード交換(\5,250)、塩害防錆塗装(\12,750)などなど。

あと、部品としてサブ液晶メーター(\24,360)が痛かったです。
以前から徐々に浸食されていましたが、いい加減駄目そうなので取ってもらいました。


タイミングベルト交換してもエンジンの見た目は当然変わりませんが、掃除してもらって綺麗になりました。


防錆塗装して足回りは真っ黒になりました。

マフラーのフランジのところも塗ってありました。

でもボディの腹周りは対象外みたいです。

ここは自分で何か対策しましょう。


・2007/11/24

寒くなってくるとよく見るようになる外部温度+電圧計です。
いままで電圧はACCにつないでいましたが、エンジンをかける前の電圧が見たかったのでBATへつなぎなおしました。


ただそうすると、VOLTのLEDとバックライトが付きっぱなしになってしまいます。
微々たる電流ですが、念のためON/OFFのスイッチを付けました。


この温度+電圧計、もう10年近く使っているので、フタを開けたら配線が硬化してポロポロ切れてしまいました。
全部新しい線でつなぎ直したのでまだしばらく使えそうです。


・2006/05/07


リアのLEDウインカーを取り付けている時、ブレーキランプのバルブが黒ずんでいるのに気が付きました。
「そろそろ寿命かなぁ〜」と思っていたら、案の定次の日に切れました。
どうせならもうちょっと前に切れてくれれば作業は1回で済んだのに....。


ガラスがレンズ状になっていて明るさ「感」3倍というバルブを買ってみました。


左側だけこのバルブにしてみたのがこの写真ですが.....違いはわかりません。
確かに後方のある1点からみた時だけはちょっと明るいのですが、リフレクターに反射するところは一緒ですからねぇ。


・2006/05/05

ヘッドライトを取り外したついでに、以前からサビが気になっていたIHCCレーザーセンサを塗り直しました。

センサーの下のところの塗装がはげてサビてます。
グリルの奧なのでそれほど目立たないのですが、一度気づいてしまったので気になって気になって^_^;


回りをマスキングして、つや消しブラックのスプレーで塗装しました。
これですっきりしました。


・2006/3/26


毎年恒例のワイパーブレード交換です。
フロントは定番のPIAAスーパーシリコート、リアはちょっとケチってグラファイトコートです。
Myアヴァもそろそろワイパーアームの色あせが気になる歳になりました。

さらに最近走行中にダッシュボードの左の方からカタカタという音が出るようになってしまいました。

どこか配線でもあたっているのかと思ったのですが、ダッシュボード自体が揺れる音でした。


これ↑は左Aピラーの内装の一番下のところです。
何度も取り外している内にここがつぶれてしまい、ダッシュボードの押さえが効かなくなってカタカタ振動していました。


ダッシュボードとボディの間に隙間テープを貼って対策OKです。


・2006/3/5

もう十数年使っているワイドミラーが壊れてしまいました。

このミラー、特殊コーティングで眩しく感じる波長だけをカットしてくれるというもので、最近はもう売っていないようです。
それにやっぱり慣れているのが一番ということで、直して使うことにしました。

力が加わるところなので、接着剤ではなくプラリペアで修理しました。
これでまた10年以上使えそうです。


今年もワイパーブレード交換の時期になりました。
奥さんのCAPAも交換
毎度同じPIAAのシリコートです。


アヴァのリアワイパーの替えゴムは、店頭の適合表だと「適合なし」になっていますが、350mmのものが使えます。
ただ端の部分に出っ張りがあるので、ゴムを入れるのにちょっとコツが必要ですが。


これまで使っていた温度計が壊れてしまったので、新しいものを購入しました。
NAPOLEXの電圧と内・外気温が表示出来るものです。

実は先週出張先でエンジンを切って1時間ほどラジオを聞いていたらバッテリをあげてしまいました。
なので、電圧表示があるものを選びました。
外気温のセンサーは右フォグライト内側のグリルに貼り付けました。

梅雨に備えて...その1

TOTOのハイドロテクトフイルム(ブルータイプ)を貼りました。
夕方あわてて貼ったら、小さく切りすぎて縁に隙間が空いてしまうし、気泡は残ってしまうし、ちょっと失敗でした。
梅雨に備えて...その2

1年使ったワイパーのゴムを交換しました。
ずっと気に入って使っているPIAAのシリコートです。

とにかくビビるワイパーほど情けないものはないと思っているので、いままでモリワイパーを使ったり撥水処理をやめたりしたこともありましたが、これを使い始めてからは気分すっきり、もう手放せません。
ホントおすすめです。

オートバックスに行ったら、タッチアップペンの新色コーナーにショアラインベージュMがありました。
今になってアヴァンシアの純正色が追加になった!と喜んだのですが、よく見ると「ストリーム」の色だったんですね。
嬉しいやら悲しいやら。

色が合うかどうかはまたやってみます。

エアコンの操作部 -> マルチインフォメーションディスプレイの通信線の波形を調べてみました。
だいたい30mSごとに繰り返しデータを送っているようですが、これがどういう規格なのかはわかりません。
PCのRS−232cなんかに使われている調歩同期とは違うようなので、PCに取り込むのはちょっと無理みたいです。
もしかしてCANかとも思うのですが、どうなんでしょう?
オーディオの信号線も見てみました。
こちらは操作をした時だけ出るようですが、エアコンとはまったく違う波形でした。
ちょっと簡単に解析というわけにはいかないようです。

ちょと気になったアヴァンシアの裏側です。

アヴァンシアの特徴の1つ、リア・2ウェイラウンジシートの
スライド部分です。
この鉄パイプと鉄板のフレームが、前後にスライドします。

これが、いかにも手作業で溶接しましたっていう作りで、
コスト高そうです。
しかも、作った日付のシールが貼ってあったのですが、
納車日の10日前(工場出荷の5日前)のものでした。

1個づつ手で作っているのが見えるようです。
(生産台数が少ないからできるのかも)
ちょっとわかりずらいのですが、上のスライドフレームの
後ろ側です。
手に持っているのは、後席シートの座面と背もたれの
間にある布で、写真の黒い棒にはまっています。

何をするものかというと、シートをスライドさせたときに
座面と背もたれの間に隙間ができますが、そこから
物が落ちないように、あるいは隙間から下の鉄板が
見えないようにする物のようです。
試しにシートの隙間に手を入れてみてください。
鉄板には触れないと思います。

同じような布があちこちにあります(前席シートの前下側など)
こういう細かいところにも気を遣っているんですね。
センタピラーの裏側です。
後席用エアコン吹き出し口のダクトが通っています。
後席とラゲッジルームの内装をはがしたところです。
リアのサスの取り付け部に補強らしい部品がねじ止め
されています。

このあたり鉄板むき出しなので、何か貼りたくなります。

ただ以前乗っていたアコードワゴンで、ラゲッジルームから
後席の下まで制震材と吸音材を貼ったのですが、はっきり
わかる効果はありませんでした。

今のままで十分静かなので、このままでいいのでしょう。
(気分的には貼りたいのですが ^_^;)
フロアカーペットの裏側に、ウレタンのクッションが
車体の形に合わせて成形され、貼り付けてあります。

厚いところで5cm近くあり、静粛性に気を遣っている
のがわかります。
センタコンソール下側の裏です。

どうってことはないのですが、他にも内装の裏を見ると
このような吸音用フェルトがあちこちに貼ってあります。

戻る