タイヤ交換

※この内容はあくまで私個人の作業結果です。
※もしあなたが同じことをして何か問題が起きたとしても、私は一切関知しません。
※少しでも不安がある場合はバイクショップにお願いして下さい。
※くれぐれも自己責任ということで。

>アドレスV100の一覧へ  >トップページへ

・2015/06/21

2002年製でヒビ割れてはいるもののまだミゾはタップリ残っているこのタイヤ、
もうちょっと使えるかと思ったのですが...
空気を入れようとしたら、バルブが切れてしまいました。
ムービー
タイヤは良くても空気がなくては走れません。
仕方ないのでタイヤとバルブを交換することにします。
タイヤはAmazonで購入しました。
IRC MB520 3.50-10
2本で約6,000円でした。

海外ブランドならこの半額ですがやはりここは国産ということで。
それでも車のタイヤに比べたら安いものです。
まずは前輪から交換します。
ブレーキキャリパーを外して...
アクスルシャフトを抜けば...
はい、外れました。
ここからは力仕事です。
タイヤレバーを使ってタイヤをホイールから外します。
スクターの小さなタイヤだったせいか思ったよりは簡単に外れました。
古いバルブをニッパで切って外します。
新しいバルブは空気を入れやすいようにL字型にしました。
バルブとホイールにビートクリームを塗って....
ラジオペンチを使ってテコの原理でバルブを引っ張り上げて装着します。
タイヤにもビートクリームを塗って...
タイヤレバーを使ってホイールにはめました。
ビートを上げるのには車用のエアコンプレッサーを使いました。
そのままだとホイールとタイヤの隙間から空気が逃げてしまいますが、空気を入れながらタイヤを立てて手で押したら簡単にビートが上がりました。
元通り車体に装着して前輪の交換完了です。
次は後輪です。
後輪はマフラーを外さないとホイールが外れません。
エアクリーナーの取り付けねじを外してちょっとずらして...
取り付けボルトを外してマフラーを取り外します。
ホイールはインパクトで外しました....が
エアクリーナーが邪魔で外れませんでした。
仕方ありませんエアクリーナーも外します。
キャブレターのところのねじを緩めて外します。
これでホイールが外れました。
ついでにリアブレーキを点検しましたが、シューはタップリ残っていて動きも大丈夫でした。
フロントと同様にタイヤを交換します。
交換出来たら元に戻して、最後に空気圧を調整します。
フロント:1.25kg.cm2
リア:1.75kg.cm2(1名乗車) 2.25kg.cm2(2名乗車)
このタイヤはヒゲが一杯生えてますね。
新しいタイヤは乗り心地もグリップも良くて安心して走れるようになりました。

>アドレスV100の一覧へ  >トップページへ