イリジウムプラグ

※この内容はあくまで私個人の作業結果です。
※もしあなたが同じことをして何か問題が起きたとしても、私は一切関知しません。
※少しでも不安がある場合はバイクショップにお願いして下さい。
※くれぐれも自己責任ということで。

>アドレスV100の一覧へ  >トップページへ

・2015/10/12

始動性改善の一環でキャブをオーバーホールしましたが、ついでにプラグもイリジウムに交換しました。
プラグには車体右側からアクセスします。
この写真はカウルを外してありますが、外す必要はありません。
車体下側からのぞき込んで、まずはキャップを外します。
狭くて自動車用のプラグレンチが入らなかったので、実家にあった農機具用を使いました。
ノーマルプラグの型番はBPR7HS、イリジウムプラグの型番はBPR7HIXです。
先端のキャップは取り外しておきます。
ノーマルプラグもまだ十分使えました。
焼け方も大丈夫そうです。
新しいプラグを取付けます。
トルクレンチなんてものは使えないので、手トルクで締めておきました。
交換後は少しアイドリングが安定したような気がします。
ムービー (音量注意)
走り出してしまうと全くわかりませんが(^_^;

>アドレスV100の一覧へ  >トップページへ