ブレーキパッド・シュー・ケーブル交換

※この内容はあくまで私個人の作業結果です。
※もしあなたが同じことをして何か問題が起きたとしても、私は一切関知しません。
※少しでも不安がある場合はバイクショップにお願いして下さい。
※くれぐれも自己責任ということで。

>アドレスV100の一覧へ  >トップページへ

・2017/10/15

約1年前にローターとパッドを交換しましたが、1000円の安いパッドのせいか効きがいまいちです。
軽いブレーキの時はまぁまぁなのですが、そこから先がギュっと力を入れてもあまり効きません。
そこで、デイトナのパットとブレーキシューに交換することにしました。
あと、リアブレーキを掛けたときにレバーの戻りが悪く引っかかる感じがしたので、ついでにブレーキケーブルも交換します。。
まずはリアから交換します。
マフラーを取り外して...
エアクリーナーボックスを取り外して、タイヤを取り外します。
純正シューはまだ十分残っていました。
ドラム側にはブレーキダストがいっぱいです。
パーツクリーナーで汚れを落としてから新しいブレーキパッドを取り付けます。
動くところにはスレッドコンパウンドを塗っておきました。
ブレーキケーブルを交換するために、フロントカウルを外します。
ブレーキレバーからケーブルを外します。
ブレーキケール部はここを通っています。
リアタイヤのところにあるネジを外しますが、固着していて普通のドライバーでは回りません。
ショックドライバーでガツンとやって外しました。
今回はシュー交換と一緒なのでタイヤを外していますが、外さなくてもホイールの隙間からドライバーを入れれば外せます。
ただ、固着していると厳しいかもしれません。
リアが終わったらフロントです。
こちらは前回と同じ手順なのでサクッと交換します。
後は元通りにして交換完了です。
交換後は初期制動はあまり変わりませんが、そこから力を入れていくと比例してぐっと効くようになりました。

>アドレスV100の一覧へ  >トップページへ